大阪 交通事故被害者 示談

大阪で自転車や車と事故に遭った時に交通事故に強い弁護士と相談できます。

誰もが逢いたくないと思いますが、交通事故はとても身近で頻繁に起こっています。
私は、大阪在住ですが、大阪の車や自転車の運転マナーがとても悪いですね。
自転車の事故も最近では多くなり、スマホを見ながらのながら運転もよく目にすることが多くなってきています。

 

大阪は自転車のおばちゃんがあちこちで走っていますが、自転車との事故でも大けがを負ったりします。
私も先日、信号待ちしていると下り坂を猛スピードで走っていて、そのまま左折した瞬間に左から来ている自転車と正面衝突して、下り坂から下っている人は10メートル近く飛ばされているのを目の当たりにしました。すぐに助けに行きましたが幸い全身打撲と思われてそのまま家に帰れらましたが、翌日になっても痛みが引かないので病院で検査を受けたら、骨には異常がなかったですと報告のメールを受けましたが、いつ自分に同じようなことが起こってもおかしくないと思いました。

 

その時は、深夜でしたので車も走っていなかったですが、これがお昼ごろに起こっていて、万が一の事を考えるとゾッとしました。
大阪の自転車の事故の発生率は全国でワースト1位になるくらい自転車が絡んでいる事故もあります。自転車の事故でも骨折などの大けがを負ってしまう事もあり、保険での対応を強いられることも多くなっています。

 

そういった中で、いくら自分自身だけが慎重に運転していても、相手方の不注意やスピードの出しすぎで、交通事故の被害者になる事って誰でも可能性があると思うのですが、交通事故被害者になった時にどういった方法や手続きを行わなければならないか順を追って説明致します。

 

交通事故に遭ってしまった!!

交通事故の被害者に突然なってしまう事もあるでしょう。そこでまず初めに事故に遭ってしまった場合は、

 

警察にまずは連絡

 

警察にわざわざ連絡するのが面倒くさいと思われる方も多いと思いますが、まずは、警察にしっかりと連絡しておかないと保険が適切に適用できなかったり、どういった状況で事故に遭ったかを把握できていないと、過失割合なども算出出来ません。

 

第三者を介入することによる客観的に事故の状況なども把握できますし、加害者の氏名や住所なども把握しましょう。

 

保険会社へ連絡・保険内容の確認
ご自身やご自身の家族が加入している任意保険や自宅の火災保険に弁護士費用特約が付帯されているかまずは、確認してください。
弁護士費用特約がある場合は、弁護士への報酬が300万円を限度に保険会社から支払ってもらうことが出来るので、ご自身が弁護士費用を負担しなくても良いんです。
また、上限が300万円とありますが、弁護士費用が300万円を超える案件はとても稀で基本的には無いと思って構わないです。
弁護士費用特約が付帯されている場合は弁護士費用特約を利用する旨を保険会社に連絡をしてから弁護士への依頼や手続きを進めて下さい。
保険会社に報告を怠っていると、弁護士費用特約の利用が出来ない場合があるのでご注意ください。

 

 

弁護士費用特約が無い場合はご自身で弁護士費用の負担をしなければならないですが、弁護士費用以上に示談金が増額できるので、ご自身がマイナスになる事もまずありません。

 

怪我をした場合には通院と治療の開始

まずは、通院しなければなりませんが、事故に遭った時には少なからずだれでもパニックになって興奮状態になっているので、痛みを感じなかったりしますが、
一度は必ず病院へ行き診察を受けてもらう事をお勧めします。

 

なぜなら、時間が経ってから首が痛いとか、関節に痛みが生じるなどの症状が出てくることも多いからです。
こういった行動も、時間と手間が掛かって面倒くさいと思われるかもしれませんが、あなた自身を自分でしっかりと守るためです。

 

病院への通院をする場合には領収書などは大切に保管してください。
通院する差に利用する交通機関の料金などもきっちりと残しておくようにして下さい。
その領収書が示談金に含まれるので大切に保管しておきましょう。
完治した場合はここから加害者側の保険会社との示談交渉が始まります。

 

症状固定

症状固定とは、怪我をして通院したが怪我の完治がこれ以上見込めず治療を続けても医学上治らないと判断されます。
そうなった場合には、医師が作成する「後遺障害診断書」に基づいて、後遺障害等級認定を受けます。
完治しない場合は、この症状固定状態になり、後遺障害等級認定を受けて示談交渉へと移ります。

 

 

示談交渉のタイミング

示談の交渉を進めるのは、怪我が完治した後か、上述している症状固定と判断されて、後遺障害等級の認定を受けた後からが一般的です。
示談交渉のタイミングはいつでも構わないのですが、ご自身の怪我の状況が落ち着いてから行うほうが、慰謝料の算出なども正確に計算することが出来るので、怪我の状況が落ち着いてから、加害者側の保険会社との交渉へと移っていきます。

 

示談交渉は被害者と保険会社

示談の交渉は被害者と保険会社で行うものです。保険会社は何例もこういった交渉をしているプロです。
また、保険会社の仕事は「示談金などの費用を極力さえて支払う事」です。
その為、ご自身ではわからない理屈や慰謝料などの算出方法で話をまとめられて、示談金を抑えられる事が殆どです。
そこで、弁護士特約や弁護士の相談をすることによって、保険会社から提示されている示談金よりも上乗せされて示談金を手にする事が出来ることが多いです。

 

なぜなら、保険会社は自賠責保険をもとに算出する事が多いですが、弁護士を立てて賠償金を算出すると、実際に同じようなケースで裁判が行われて、その時にどれくらいの賠償金を保険会社が被害者へ支払っていたのかをもとに算出します。
また、物損事故は修理費用など目に見えて分かりやすいですが、毎日の通院の為に、仕事で迷惑をかけてしまったり、怪我をした際に精神的にまいってしまった慰謝料などは具体的に計算しがたいことですよね。

 

そのような事も加味して、弁護士を立てることによって、ご自身が被った被害をしっかりと主張してもらい、示談金にもしっかりと納得してもらえるようにしましょう。

 

 

ご自身が入っている保険会社から弁護士を紹介してもらうのも一つの方法ですが、保険会社の弁護士は加害者側に立つことも多いので賠償金を少しでも抑えるために雇われている弁護士のためそこまで交通事故の被害者側になって交渉が得意な弁護士ではないことが多いです、

 

なので交通被害者側に立つことが得意な弁護士に相談をして、示談金を少しでも上乗せしてもらった方が良いです。

 

以下にご紹介させて頂いている弁護士事務所は交通事故被害者側を専門としている弁護士事務所です。
弁護士事務所にも色々と得意なトラブルのジャンルがあります。私が働いていた所の顧問弁護士の方は権利関係や、土地や建築に関して得意な弁護士の方でした。逆にその方は、交通事故の相談は殆ど受けたことが無いので、その弁護士の方は苦手といっていました。。。

 

基本的には24時間365日受付してくれて全国どこへでも対応してくれます。
また、弁護士と契約をして保険会社との交渉を行ってもらう時には着手金というものが発生しますが、着手金も0で、弁護士費用特約も対応してくれている弁護士事務所です。まずは悩まずに相談することをお勧めします。親身になって相談してくれますし、よりいい条件を相手保険会社より勝ち取ってくれる可能性が高くなるでしょう。
私のお勧めする弁護士事務所は県外ですが、やり取りは電話やメールでの応対で最初から最後まで進めていくことも出来るので、時間の制約も少なく負担も少ないのでお勧めです。弁護士事務所に行って打ち合わせってメンタル的にも億劫になってしまいますので、メールなどでの相談で、伝えきれない所は電話で相談する方が良いのかと思います。

 

やよい共同法律事務所
こちらの弁護士事務所は全国対応可能で、メールや電話で相談や打ち合わせを行って、示談交渉なども親身になって行ってくれます。
元々の示談金よりも増額できなければ弁護士費用も発生せず弁護士費用特約も使えて着手金も0という負担がとっても少ない弁護士事務所です。

 

 

弁護士法人ステラ
弁護士事務所で多いのは初回のみむりょうとかがありますが、こちらの事務所は、相談は何度行っても無料。中々ご自身の置かれている状況などを30分とかですべてお話するのは難しいと思います。こちらの事務所も示談金が入金されてからの報酬の支払いなので、ご自身の負担も軽減できます。もちろん電話とメールでの応対が可能で、全国どこでも対応してくれて、24時間受付体制も整えてくれています。

 

天音法律事務所
こちらの弁護士は過失割合や後遺障害等級が適切であるかどうか見直してくれます。もちろん全国対応で電話での対応や動けない場合には、弁護士の方から出向いてくれて相談にも乗ってくれる事務所です。交通事故の案件の豊富な実績も伴っています。もちろん着手金も0なので、ご自身の費用不安を軽減できるのもありがたいですね。

 

 

 

大阪府内の弁護士事務所

 

大阪府内の弁護士事務所をご紹介します。

事務所 電話番号 住所 メール対応 弁護士特約 休日対応
みまや法律事務所 0120-258-308 大阪市浪速区難波中3-5-4難波末沢ビル7階 ×
千里みなみ法律事務所 06-6384-0088 吹田市千里山西6-63-27 要予約
けやき通り法律事務所 072-668-3761 高槻市城北町1-14-17プレステージU城北401 × 要相談
えびす法律事務所 06-6155-0077 豊中市新千里東町1-5-3千里朝日阪急ビル12階 要相談
堺パートナーズ法律事務所 072-221-1120 堺市堺区宿院町東1-1-1 富士火災堺ビル2階 電話は平日のみ
泉佐野法律事務所 072-469-5960    (面談での相談) 泉佐野市高松東1-10-13 ×
シリウス法律事務所 06-6364-1133 大阪市北区西天満4丁目3番25号 梅田プラザビル別館301号 要相談
ベリーベスト法律事務所 0120-666-694 大阪市北区堂島1-1-5 ザイマックス梅田新道ビル2階